最新技術と新たな試みとジャイアントキリングと |DIARY|トップ教育センター 半田市・大府市・常滑市・東海市・武豊町・東浦町・阿久比町の総合学習塾

MENU

見学予約資料請求(無料)

diary

最新技術と新たな試みとジャイアントキリングと

ブラボー!

こんにちは。大府市森岡町にある、完全個別指導Good大府南校の竹内です。

 

いやあ、今日は朝から日本列島が歓喜に包まれたのではないでしょうか。
先月から始まったカタールワールドカップで日本代表が強豪スペインを2-1で破り、グループステージを1位で突破し、
ベスト16に進みました。
2大会連続のベスト16ということで、新たな景色ベスト8も見えてきた代表チームですが、田中碧選手が2点目を決めたシーンで今大会の象徴ともいえる出来事がありました。
それは最新技術VARを使用したビデオ判定が行われたことです。
スポーツというのは審判の判定が結果を左右するぐらい大きなものとなっていますが、その判定を巡って過去にも物議を醸したこともありました。
今回もまさに見る人によってはゴールかゴールではないかが分かれる瞬間があったわけです。
しかし、VARによって正式にゴールとみなされ、日本代表は勝利を収めました。
今日の勝利は最新技術の賜物だったといっても過言ではありません。

また、今大会で新たな試みとして5人の女性審判がピッチに立っています。
しかもその中に日本人女性がいてとても誇らしい気持ちになりました!
サッカーに懸ける情熱は男も女も関係ない!多くの方を励ましてくれるような意義のある大会になっているのではないでしょうか。

さて、ドイツ、スペインと相次いでジャイアントキリング(格上の相手から勝利すること)を起こした日本代表。
この活躍は塾生たちにも勇気を与えたのではないでしょうか。
今の成績よりもレベルの高い志望校に挑むGoodの生徒たち、この冬は攻めて攻めて攻めまくれ!
勝負するその姿勢が新たな景色にたどり着く一歩となるはず。
そして、春、目標を突破し、塾の先生たちと一緒にこう叫ぼう。

 

 

ブラボー!

QA