高校生も新課程へ |DIARY|トップ教育センター 半田市・大府市・常滑市・東海市・武豊町・東浦町の総合学習塾

MENU

見学予約資料請求(無料)

diary

高校生も新課程へ

EISUゼミナール高等部の安藤です。

春を迎え、高校に入学したばかりの新高1生たちも通ってくれています。
半田高校や半田東高校は新入生から制服が変わっていますが、まだ見慣れません。。

変わったのは制服だけでなく、教科書・教育課程もですね。
数学については、旧課程(現高2生以上)との違いはざっと以下のような感じです。

・数Bの統計が必修化。
・ベクトルが数Bから数Cへ。
・複素数平面が数IIIから数Cへ。
・整数が事実上必修でなくなる。

共通テストは、
・数学(2)の範囲が数II・B・Cに。
 B・Cは4問(数列・統計・ベクトル・複素数平面)から3問選択。

国公立文系も共テで数Cが必須になり、
その関係で、多くの高校では高2の後半に文系も数学Cを履修することになりそうです。
文系はベクトルだけ扱うのか、複素数平面も扱うのか、高校によって分かれるでしょうか。

情報も共通テストで出題されます。
国公立大でどの程度必須とされるかまだわかりませんが、
EISU高等部は新課程入試にも対応していきます。

高等部 安藤先生

この記事を書いた人

EISUゼミナール 高等部 安藤先生

大阪で8年、EISUゼミナール高等部で11年間、高校生・大学受験を専門に指導してきた生粋の予備校講師。数学・物理などの理系科目を担当。深い知識や経験に裏打ちされた集団授業、丁寧な質問対応、生徒の将来を見据えた進路指導に定評がある。
趣味は旅行とツーリングで、お気に入りの温泉宿が全国にある。

▶この講師のブログへ

他の記事も読む→

QA