「りす」 |DIARY|トップ教育センター 半田市・大府市・常滑市・東海市・武豊町・東浦町の総合学習塾

MENU

見学予約資料請求(無料)

diary

「りす」

こんにちは! 東浦駅前校の川崎です!

すっかり暖かくなってきましたね。

ところで皆さん、英語で「りす」を発音出来ますか?

りすは動物のリス、つづりは…「squirrel」。

日本人が苦手と感じる”L”と”R”が絶妙に絡み合った単語で、かなり難解と考えられております。

現に留学経験がある私でさえ、正しく発音できません。

私:「すくわーらる!」  siri:「Wire? Sorry……」

私:「スカーレル!」   siri:「Quiet? …」

こんなsiriとのやり取りが続きます。10回中1回も聞き取ってくれません。。。

なのに、本日レプトンがあった生徒(小学6年生、レプトン歴2年)がレプトンワーク内にこの単語を見つけ、とても綺麗な発音が出来ていた!!

慌ててsiriを近づけてみると…

生徒:「Squirrel!」  siri:「OK. I found this: Squirrel…」

…凄い。本当にすごい。

レプトン生、恐るべし。彼女にとっては普通に発音しただけのようです。。

自然と耳・口・喉の使い方も身に付いていたんですね!!

彼女は未だ外国には行ったことはありません。でも今年英検3級にチャレンジします。

凄いねレプトン。頑張れレプトン生!!

小中部 川崎先生

この記事を書いた人

EISUゼミナール 小中部 川崎先生

兵庫県出身。情に厚く、生徒に真正面からぶちあたって、ともに泣きともに笑いあう兄貴分気質。わかりやすくおもしろい関西弁の集団授業で生徒たちから好評を得ている。
大学時代はアメフト部に所属し、留学の経験もあり、実はサックスの演奏ができるなど、文武両道、多彩な一面もある。

▶この講師のブログへ

他の記事も読む→

QA