会社のロゴの意味 |DIARY|トップ教育センター 半田市・大府市・常滑市・東海市・武豊町・東浦町の総合学習塾

MENU

見学予約資料請求(無料)

diary

会社のロゴの意味

みなさんこんにちは竹元です。
昨日から8月に入りましたね。
半田西校の中3のみんなは朝から晩まで塾で勉強を頑張っています。

 1996年の今日はスターバックスの日本第1号店が東京・銀座に出店しました。
現在では色々なカスタムメニューがある大人気のお店ですね。
みなさん、お店のロゴをイメージできますか?一度は見たことがあるかのしれません。
実は一番最初のロゴは今と少し違っていたみたいです。
 真ん中に描かれている女性モデルは、ギリシャ神話に登場するセイレーン(人魚)がモチーフです。このセイレーンという人魚は、尾を2つ持っているのが特徴で、美しい歌声で船乗りを惑わせたというお話があるようです。人魚がロゴデザインに組み込まれた理由等は、スターバックス創業メンバーのひとりが、コーヒーや航海の歴史、シアトルという港のルーツを探っていたところ、ノルウェーの木版画に描かれたセイレーンを見つけ、ロゴデザインに取り入れたようです。
 よく目にする会社やお店のロゴには意味が込められていて、調べてみると面白いですね。
させ、塾のロゴがどんなものか知っていますか。
気になったら、勉強の合間に調べてみてみるのはどうでしょうか。 

小中部 竹元詩織先生

この記事を書いた人

EISUゼミナール 小中部 竹元詩織先生

中学生・高校生と、Good・EISUの生徒として通塾。大学に進学と同時にGoodの講師として4年間多くの生徒を指導する。その後、指導する喜びを続けたいと考え正社員に。現在は『「勉強できない」を「できる」に変える』ことをモットーに集団授業の講師として指導。「できるようになれば、苦手な勉強も自然と楽しくなる!」
趣味はコスメを買うこと。将来の夢は犬を飼うこと。

▶この講師のブログへ

他の記事も読む→

QA