短歌をひとつご紹介 |DIARY|トップ教育センター 半田市・大府市・常滑市・東海市・武豊町・東浦町・阿久比町の総合学習塾

MENU

見学予約資料請求(無料)

diary

短歌をひとつご紹介

急に冷え込むようになりましたね。。。
ここで、藤森お気に入りの寒い時期の短歌をひとつ紹介します。

『寒いねと話しかければ寒いねと答える人のいるあたたかさ』

こちらは中2国語の教科書でもお馴染みの俵万智さんによる作品で「サラダ記念日」という歌集におさめられています。国語の授業的に説明すると、句切れなし、反復、対比、体言止めと短い中に表現技法が詰まっています。表現技法を巧みに使うことで、日常生活の中のワンシーンが思い浮かびやすくなりますね。「寒いけど話し相手の返事で心が温まった」とあたたかさを引き立てている点も魅力です。
俵万智さんの作品は老若男女問わず誰もが親しみやすい魅力があると思います。国語の授業のような表現技法は気にせずに声に出して読んでみると面白いですよ(^^)
余談ですが俵万智さんとは出身地が同じで中学校の先輩にあたります。お会いしたことはありませんが。
個別指導部 藤森康二先生

この記事を書いた人

完全個別指導Good 個別指導部 藤森康二先生

福井県出身。雪国出身ゆえに粘り強くコツコツと努力する性格。現在はいくつものご縁に恵まれ知多半島で塾講師として良縁を還元中。勉強で悩む生徒、保護者に寄り添い最善の解決策を導き出す。「学力は環境で伸びる」を信条とし、生徒を「今日塾に来て良かった!」という気持ちにさせることを日々考え指導にあたっている。

▶この講師のブログへ

他の記事も読む→

QA