練習の成果を出し切る練習 |DIARY|トップ教育センター 半田市・大府市・常滑市・東海市・武豊町・東浦町・阿久比町の総合学習塾

MENU

見学予約資料請求(無料)

diary

練習の成果を出し切る練習

こんにちは!
完全個別指導Good成岩校の田中です。
今日は公立高校推薦入試の試験日です。
また、私立大学の一般入試を受けている生徒もいます。
公立高校一般入試も残り2週間ちょっとに控え、
まさに受験シーズン真っただ中。

入試でももちろんそうですが、定期テストでも、
「後から解いてみたらできるのに本番は緊張して…」という人は
少なからずいるのではないでしょうか。
そういう人は本番に備えて、
「練習の成果を出し切るための練習」をしてみてください。
※アウトプットの重要性については過去のブログに書いたので、割愛しますね。

練習と本番は何が違うか?
それは「緊張感」です。
よく「平常心」が大事といいますよね。
それを徹底的に鍛えていきましょう。

・時間縛りや環境変えであえてプレッシャーを与える
・いつでもテストされていいように事前準備しておく
・自分が出来ることと出来ないことを見極めて腹をくくる

方法はいろいろあります!
「本番に弱いんだよぅ」と自覚のある人は
ぜひGoodの先生に相談してみてくださいね!

個別指導部 田中俊晃先生

この記事を書いた人

完全個別指導Good 個別指導部 田中俊晃先生

成岩小、成岩中を卒業し、地元半田から次世代を育成することで故郷に恩返しをしたいと考え、塾講師に転職。その明るさと話しかけやすい雰囲気・教室づくりで、生徒・保護者からの相談や質問が絶えない。成績アップの向こう側にある人間力の育成をモットーに生徒・保護者に寄り添う。デザイナー兼イラストレーターの経験を持ち、Good・EISUの広報を担当している。好きなアーティストはミュシャやクリムトなど。

▶この講師のブログへ

他の記事も読む→

QA