MENU

お問い合わせはこちら(無料)

diary

ある日、数学も英語もない異世界に。。。

1学期の定期テスト真っ盛りですね。
乙川中・亀崎中はテストが終わったばかり、各高校はテスト真っ最中です。

今回は数学と英語の違いのお話です。
数学は、分かる・分からないがはっきりしています。
だからこそ、自分の中のヤバいセンサーが働きやすいです。
『ヤバい、この問題ぜんぜん解けない!?!』となります。

英語は、気がつかないうちに、いつの間にか苦手になっている科目です。
ヤバいセンサーが働きにくく、中1の最初は得意だったのに。。。
『何が分からないかが、分からない。。。どうしましょう~!?!』となります。
実際に英語が苦手になったことがある方なら、すごく賛同していただけると思います。

朝起きたら、いきなり数学も英語も得意になっていた、何てことは起きません。
ある日、いきなり数学も英語もない異世界に飛ばされて、何てことも起こりません。
とつぜん、隕石が学校に落ちてきて、勉強どころではなくなる、何てこともありえません。

できることは、地道に自分の努力と学力を積み上げていくことだけです。
さぁ、Goodではそんなみなさんをサポートする、夏期講習なるものがあります。
2か月の努力の先に、新しい自分が待っています!

大橋真司先生

この記事を書いた人

大橋真司先生

EISUゼミナール、完全個別指導Goodで子どもたちを指導をして10年以上。半田市の中学生や高校生を長年指導してきた経験を生かして、子どもたちの成績を上げます。塾生や保護者と共に悩み、考え、努力し、成績が上がったときには一緒に喜びを分かち合えると最高です! ▶この講師のブログへ

他の記事も読む→

QA